むちうち症とは

正式名は「外傷性頸部症候群」

正式名は「外傷性頸部症候群」、あるいは「頸部捻挫」という診断名になります。
衝突の時、首が前後にムチのようにしなることからそう呼ばれるようになりました。
以前は、「むちひも」と呼ばれていました。乗馬で馬の尻にムチを当てると馬が驚いて前に飛び出し、そのとき、頭が後ろに放り出されてその後、首の痛みが続くということから由来しています。

むちうち症の起こり方

大きく分けて、正面衝突、側面衝突、追突によるものがあります。
頚の可動域には、屈曲、伸展共に60°です。その可動域を超えてそれ以上に伸展、屈曲した場合に頚椎周囲の軟部組織の損傷が症状に表れます。
その中で、最も起こりやすいのは「追突」によるもので、全体の90%を占めると言われています。

正面衝突の場合は、頚を前に強く曲げられ(屈曲)その後伸展することや、一般的に瞬 間に危険を察知する場合が多いので、頚の筋肉が緊張し、可動域を守るため比較的軽度で済む場合が多いです。(事故の衝撃の度合による)

追突の場合 追突の場合は、まず後ろへ強く伸展し、その次に屈曲することや全く 危険を察知していないことが多く、筋肉で守ることが難しいため、軟部組織に過大な力が加わり、損傷が起こりやすくなります。

側面衝突の場合 側面衝突の場合は、衝突を受けた側に強く側屈し次に反対側に動きます。 角度によって複雑で多彩な損傷を受けます。
特に重度になると引き抜き損傷と言って、脊髄神経が引き抜かれることもあります。

むちうち症の分類(土屋の分類)

神経根症状型

むち打ち症の中で最も多く70%を占めると言われています。頚椎の骨と骨の間にある関節包や骨の周囲にある靭帯などが損傷されたもので頸部周囲の運動制限、運動痛が主症状です。足首などの捻挫で内出血をしたりするのと同様のことが、頸部の周りで起こっていると考えられています。

神経根症状型

脊髄の運動神経と知覚神経が集まっているところを「神経根」と呼びます。この神経根の周りに腫れが起こったり、引き抜きのような損傷が起こると、それぞれの神経がコ ントロールしている部位に症状が現れます。
症状は、頚椎捻挫型の症状に加え、知覚障害、放散痛、反射異常、筋力低下などの神経症状を伴います。

バレー・リュー症候群(外傷性頸部症候群)

むち打ち症の大半は、3ヶ月以内で治癒するものです。しかし、首の痛みとは別に頭痛やめまいなどの不定愁訴を伴うものや3ヶ月経ってもそれらが治らない場合があり、そのことをバレー・リュー症候群といいます。原因は、事故で受けた衝撃のせいで後頸部交感神経にダメージが与えられ、椎骨動脈の血流低下が起こったり、後頸部交感神経の刺激症状として、内耳の症状(めまい、耳鳴り)、目の症状(眼精疲労 など)、心臓の症状、咽喉、頭部の症状などを呈するが、耳鼻科、眼科、内科な の他覚的(客観的)所見は乏しく自覚的主訴が主となります。

根症状とバレー・リュー症候群

深部腱反射の亢進、病的反射などの脊髄症状を伴うものですが、現在、この型はむち打ち症の範疇に含まれていません。非骨傷性の頚髄損傷に分類されます。

PAGE TOP