交通事故時の注意点

  • 警察への連絡

    軽い事故といえども、後に体に痛みが出てくるのが交通事故の特徴です。
    警察へ連絡し、現場検証を行わなければ、交通事故証明書が発行されませんのでその後の治療ができません。また、「物損事故」で処理をしてしまった場合、後から治療が出来なくなる可能性があります。事故後速やかに警察へ連絡、そして、病院の診断書と共に人身事故の届け出を行えば、交通事故後に治療が受けられます。

  • 任意保険への加入

    車を購入した際に、必ず「自賠責保険(強制保険)」に加入します。交通事故の際に一定額の保証をしてもらえます。しかし、万が一、死亡事故や重度の後遺症が残る事故を引き起こしてしまった場合、任意保険に加入していなければ、自賠責保険の保証額を個人が負担しなければなりません。任意保険への加入をぜひともお勧めいたします。

  • 事故の状況を記録しておくこと

    具体的には免許証の提示を求めます。
    加害者の車の会社名や名刺を確認。
    加害者の保険会社を確認。自賠責保険証、任意保険証の提示を求めます。
    その他、車のキズ等を色々な角度から携帯電話の写メでとっておくことをお勧めします。

  • その場で賠償に関する話をしないこと

    交通事故に遭った際、気が動転してしまいます。
    その場で、念書などのサインをしないように気を付けてください。
    自身の加入している保険会社等に後日に相談をし、今後の賠償の方針等を決めてください。
    例えば、交通事故の後遺症が認定されなくなってしまう場合、交通事故の損害賠償が十分になされない場合がでてきます。

  • レントゲンやMRIの検査を行うこと

    どんなに軽微な事故でも骨の障害や神経の障害が事故後から起こることは否定できません。過去にも、事故後時間が経過してから症状がでてきた、という方も多くいらっしゃいます。
    ですので、すぐにレントゲンやMRIの検査を行えば、異常があるかどうかを判断することができ、適切な治療が行えます。

    交通事故に合われた際には、早めのご来院を心がけましょう。

PAGE TOP